季節・アイテムに注意しよう! 抜け毛・抜け毛 薄毛

冬の頭皮トラブル。

この記事は約2分で読めます。

厳しい寒さによる血行不良・乾燥による頭皮トラブルには注意が必要です。

※この時期のケアが春先の抜け毛の頭皮トラブルを減らします。

★頭皮による乾燥による影響

冬は湿度が低く空気も乾燥します。頭皮の乾燥しすぎると、
皮膚のバリア機能が保てなくなり、炎症を起こしやすくなります。
炎症によるフケ・かゆみの原因となり、やがて抜け毛に進行します。

★頭皮の乾燥対策

1.シャンプー剤の見直し
例えば、

※頭皮が乾燥しているのに洗浄成分の強いシャンプー剤を使用している。
※頭皮が脂っぽいのに、洗浄成分の弱いシャンプー剤を使用している。
etc…

寒い時期はシャワーなどの温度も2~3℃上げている方も多く、
皮脂を取りすぎてしまっている可能性が高く、より乾燥してしまいます。

川越駅西口の美容室エルリック

洗浄成分の弱いものや、オイル成分・保湿成分が添加されているものを
選ぶようにしましょう。

2.育毛剤を使用する。

フラーレンが配合しているものをおススメしています。
頭皮環境を整えて皮脂の分泌を適正化します。

★使用方法:入用後、髪と頭皮をよくタオルドライした後に
10~15プッシュ塗布して(エルリックの育毛剤の基準です。)
頭皮全体になじませて、できればマッサージをしてください。

その後、正しく髪を乾かすことも、髪・頭皮の乾かしすぎや、
十分に乾かせていない。につながり、健やかな頭皮環境が保てません。

正しい、髪の乾かし方をおさらいしましょう。

1.タオルドライで水気をしっかりふきとる。
2.根元から毛先にかけて乾かす。
3.頭皮に近づけすぎないように間隔を空けて、ドライヤーをかける。
4.まんべんなく温風が当たるようにドライヤーをゆらす。
5.全体の8割ほど乾いたら温風から冷風に切り替える。

もし、プラスで流さないトリートメントやオイルなどを髪に適量つけるだけでも、
髪の毛の保湿対策にもなりますので、ご自分にあったアイテムを見つけてくださいね。

まとめ

オミクロン株の急増でストレスもたまる一方ですが、
これから、暖かくなってきますと、新生活が始まって、新たなストレスが
たまって、自律神経の乱れなどで、頭皮環境も乱れたり、紫外線もきになって
抜け毛も急増しますので、この、寒い季節ではありますが、しっかり保湿して
よい頭皮の土台をつくってください。

The following two tabs change content below.
2010年2月7日に美容室をオープン。 3年間のサラリーマンを経験し、”手に職を”と美容学校に入学卒業。 アシスタント・スタイリストとレベルを上げ、更なる飛躍の為、 大手サロンに入社し、トップスタイリストを経験し、店長を任されました。 フリーランスを2年間活動し、今に至る。 カット・カラーなどの施術中に集中してしまう時もしばしばありますが 落ちついた性格で、聞き役として皆様の色々な悩みをご相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました