育毛 薄毛

AGAの原因③ 遺伝

川越駅西口の美容室エルリック 育毛
この記事は約2分で読めます。

前回のブログ⇊
https://usuge-lric.com/aga%e3%81%ae%e8%a8%ba%e6%96%ad/

AGAの原因として次にあげられるのが、

遺伝です

※確実におじいさんのオデコがきてますね。最近はその他の影響が
息子さんが年を重ねてどうのうような髪型になるのか・・

遺伝だけであきらめないで!

AGAの多くは遺伝から来ていると言われていますが、
多くの場合は改善可能です。
極度の遺伝は4%と言われており、この場合、薄毛の改善は難しいと言われています。

男性は母親の影響を特に受けやすく、母親が薄毛である場合は、
75%の確率で遺伝の影響を受けやすいと言われています。
父親が薄毛の場合は50%です。

ただし、育毛剤などを使用することにより、予防や改善は
ほとんどの場合は可能です。遺伝だけでなく、
他の要素が薄毛に影響している可能性が高いため、
そちらの部分を改善することで、薄毛の薄毛の進行を遅らせり、
新たな発毛を促すことができます。

薄毛に関係する遺伝子①:5αリダクターゼ

AGA(男性型脱毛症)はテストステロンが5αリダクターゼによって
ジヒドロテストステロンに変換されることで発症します。

AGAを発症させる力を持つ5αリダクターゼの活性度は人により異なり、
活性度の高さに応じてテストステロンはジヒドロテストロンに変換されやすく、
この「活性度の高さ」は遺伝子情報によって異なり、また親から子への遺伝しやすく、
「優性遺伝」によって伝わるので、父・母型の家族のどちらかに薄毛の人がいると、
薄毛の体質を受け継ぎます!

※ちなみに優性遺伝は、両親からペアで遺伝子を受け継ぎ、何らかの変化を持つ
遺伝子(遺伝子変異)を1つ受け継いだ時に発症する遺伝子の仕方です。

※母方の祖父(XY)が薄毛だと、その子どもも感受性の強さを受け継ぎます。
女性である母親がその遺伝子(X)を受け継いでいてもAGAになりませんが、
男性である息子が感受性の強さを受け継ぐ(XY)とAGAになる可能性が高いのです。

※まとめ

ご本人があきらめたら、その時点でAGAの進行はすすむばかり・・
自分ではあきらめて、頭皮ケアを何もしない方にかぎって、
髪型は必要以上にこだわり、薄毛を隠したいあまりに、変なバーコードヘアーに・・
ああぁ😢とおもいながら黙々とカットしますが、頭皮ケアをしないなら、
思い切って短髪をおススメします。

もうAGAはすすんでますよ。

The following two tabs change content below.
2010年2月7日に美容室をオープン。 3年間のサラリーマンを経験し、”手に職を”と美容学校に入学卒業。 アシスタント・スタイリストとレベルを上げ、更なる飛躍の為、 大手サロンに入社し、トップスタイリストを経験し、店長を任されました。 フリーランスを2年間活動し、今に至る。 カット・カラーなどの施術中に集中してしまう時もしばしばありますが 落ちついた性格で、聞き役として皆様の色々な悩みをご相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました