季節・アイテムに注意しよう! 抜け毛・抜け毛

これからの敵は紫外線!

この記事は約2分で読めます。

2022年の1月はとても寒く乾燥しています。

髪と頭皮の大敵になる乾燥!しっかり保湿ケアをしないと春に向けて
多くなる紫外線によるダメージがお顔の3倍以上、頭皮・髪にダメージをうけます。

ちょっと紫外線について話しましょう。

紫外線は波長の種類によってUV-A・UVーB・UV-Cの三つに分けられます。
このうちUV-Cはオゾン層で吸収されるため、私たちの肌や頭皮に影響を及ぼすのは
UV-A・UV-Bの2種類です。

UV-A

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占め、波長が長く雲や家の中、車の窓ガラスも
浸透して肌に到達し、真皮まで届きメラニンを増殖させ、肌の色を黒くします。

UV-B

波長が短く高エネルギーの紫外線なので、皮膚に炎症を起こし、シミの原因になります。

紫外線の性質

①うすい雲ではUV-Bの80~90%が透過します。屋外では太陽から直接届く
紫外線量と空気中で散乱して届く紫外線量がほぼ同程度になっています。

②地表面の種類により、紫外線の反射率は大きく異なります。
新雪80%・砂浜10~20%・コンクリート、アスファルト10%・水面10~20%
草地、芝生、土面10%以下

③標高が高いと1000m上昇するごとに紫外線量は10~12%増加します。

④年間で見ると屋内で働く人は屋外で働く人の10~20%の紫外線を浴びます。

川越駅西口の美容室エルリック

日常生活に取り入れやすい紫外線対策

①紫外線の強い時間帯は避けましょう。
②日陰を利用しょう。
③日傘をつかい、帽子を被りましょう。
④ソデやえりのついた衣服を覆いましょう。
⑤サングラスをかけましょう
⑥日焼け止めを上手に使いましょう。

The following two tabs change content below.
2010年2月7日に美容室をオープン。 3年間のサラリーマンを経験し、”手に職を”と美容学校に入学卒業。 アシスタント・スタイリストとレベルを上げ、更なる飛躍の為、 大手サロンに入社し、トップスタイリストを経験し、店長を任されました。 フリーランスを2年間活動し、今に至る。 カット・カラーなどの施術中に集中してしまう時もしばしばありますが 落ちついた性格で、聞き役として皆様の色々な悩みをご相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました